北原ブログ

美容室を作って良かった事

なんとなく、今の気持ちを大切にしたいと思いポエム的な投稿です。

お客様が喜んでくれるのは嬉しい

まずはこれです。もう超嬉しいです(笑

「私の長年の悩みを解消してくれてありがとう」
「ディアーズのオープンを長野市に選んでくれてありがとう」
「妻をキレイにしてくれてありがとう」

きっと一生記憶に残るであろう言葉を頂きました。
長年の悩みが消えたお客様で、涙を流してくださった方もいました。

オープン先を長野市にしてくれてありがとう、なんて言葉も言ってもらえた。
そして、旦那様がお店まで来てくれて、「妻をキレイにしてくれてありがとう」とわざわざお礼を言いに来てくださった。

お客様が喜んでくれる事が嬉しい。

スタッフの人生に影響できるのは嬉しい

スタッフの人生に経営者として影響できるのも嬉しい。

「ディアーズだから働けれていると思います」
「こんなサロンを探していたんです」
「口だけではなく本当にお客様の事を考えているサロンですね」
「美容師辞めなくて良かったです」

こんな事を実際に言ってもらえる。
経営者はなんて素敵なポジションなんだ。

「ディアーズにであってなかったら美容師を続けていなかったかもしれない」

これは、自分が作った空間と、スタッフに提供している環境が認めてもらえる最上級の言葉だと思っています。

親に認めてもらえるのが嬉しい

「親に認めてほしい」なんて恥ずかしくて言えませんが、心の奥底で「あ、認めてほしかったんだ」と言うことが最近分かってきました。

どのタイミングかは分かりませんが、反対から応援に。
僕が聞かないからか口をださなくなりました。

これが認めてもらえているかどうかというと違うかもしれませんが、前より両親の事が好きだし甘えられるようになりました。

弟と仕事ができてうれしい

弟はフリーターだったんですが、今では立派なうちの社員です。
主にウェブ系の事をやってくれています。

実は僕に取ったら弟はかわいくて仕方がありません。
そんな弟が僕の会社で、助けてくれているのが嬉しい。

一緒に働くようになってから、
毎日顔を洗う、ご飯を食べる、夜にちゃんと寝る、髭を剃る、という当たり前の事ができるようになりました。

僕も弟も組織の中にいないと、顔も洗わないし髭もそらなくなります(笑
足かせにしかならないと思っていた組織が、実は自分の生活サイクルを整えてくれるものだと独立してわかりました。

生み出す挑戦が嬉しい

今まで仕事を与えられていました。
が、今は提供する側。

自分でどんな事を仕事にするか創造して生み出していかないといけない。
頭を使う事、生み出す事、挑戦することが嬉しいです。
言われたことをやるのではなく、生み出す挑戦が嬉しい。

何に何を投資するか全て決められるのが嬉しい

責任はありますが、全て自分で決められるのが嬉しい。

「こっちにいきたい!!!」と思った時のかじ取りができるのは、経営者の醍醐味じゃないでしょうか?
全て決められるからこそ自分が描ける楽しさがありますね。

生きる目的が生まれて嬉しい

人は一人では生きていけないという言葉は嘘だと思っていましたが、一年前に経験しました。

退社して、自分一人だったら全くお金に困らないような環境ができて、1年ちかく「ぼ~~~」っと過ごしました。

好きな物を予算を考えずに食べて・・・
好きなところに行って・・・
好きな映画をみまくって・・・(年間400本以上w
食って見て寝るだけの生活。

結果、「あ、つまんないな」「やることないな・・・」という感想でした。
これ、そのまま進んでいたら最終的に「やる事ないから死のう」になるくらい落ちていたかもしれません。

ようは必要とされている事を実感できないと、先が見えなくなるんですよね。
僕の場合だけかもですが。

自分の事が知れて嬉しい

何に喜びを感じるのか?
何に悲しみを感じるのか?
何に怒りを感じるのか?

自分の事が最近になってわかってきました。
「付き合う人を選ぶ勇気」も備わってきました。
だから、うちのスタッフは”関わりたい”と思う人だけ採用。

求人スタートして9ヶ月で20人近く面接してきました。
会社の経営が悪化したら、死に物狂いで働いてでもこのスタッフに給料を与えたい!と思える人間だけを採用しています。

夢を語れて実現できる背景が嬉しい

夢を語るのは好きです。
僕はどちらかというと無理矢理でも現実に持っていきます。
そして実現してきた背景も乗り越える度にできています。
「人の背中を押せる力が言葉に宿った人間」を目標にしています。

だから将来の夢は講演家。
その為の背景つくりが今です。

独立するタイミングは”今”に”感謝”が出来なくなった時?

「独立するタイミングはいつですか?」とよく相談されます。
人によっては、「準備が整ったら」と言うかもしれません。

が、準備なんて一生整いません(笑
というか何が必要なのかもよくわからないと思います。
僕は、前の職場のお客様を一人もつれてきていません。

完全に一人で、0からの集客で今があります。
そんな僕が思う独立のタイミングは、

~「今」に「感謝」が出来なくなった時~

だと思っています。

今の環境が当たり前すぎて、成長することよりも与えてもらう事が当たり前になった時。
今の環境が当たり前すぎて、毎日が退屈だという視点でしか見られなくなった時。
今の環境が当たり前すぎて、「ありがとう」と言う事が少なくなった時。
感謝の反対語は”当たり前”だそうです。
今の環境が当たり前と感じている時、独立してみるのが良いと思います。
今の環境が”ありがとう”と思える過去になるはずです。

以上、ポエムでした^^