クラウドファンディングの記録

僕とDearsがクラウドファンディングに挑戦する4つの理由(後半)

今回、クラウドファンディングに挑戦する理由の後半です。
(*前半はこちらの記事からご覧いただけます)

後半では

3. みんなと一緒に何かに挑戦したかったから
4. 挑戦する人たちにの居場所を作りたいから

についてお伝えしようと思います。

 

3. みんなで一緒に何かに挑戦したいから

クラウドファンディングは資金調達のあり方に革命を起こすものだと思っていて、たくさんの良い面があります。
中でも僕が特に「いいな」と思っているのは「みんなで一緒に挑戦できること」です。

これまでの挑戦って当事者でない限り、外から見ていることしかできなかったように思います。

けれどクラウドファンディングなら、”支援”というカタチでそのプロジェクトに直接関われますよね。

これってものすごい革命的な仕組みだと僕は思うんですね。

僕は普段たくさんの人にお会いし、お話しさせていただきます。
すると、「何かに挑戦する」ということに対してすごく高いハードルを感じて、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も中にはいらっしゃって。

僕みたいに挑戦芸人みたいなヤツなら「ま、失敗してもネタにすればいいや」でガンガンやれるんですけど、
最初の一歩目でやっぱり怖いじゃないですか。

けれど僕やDearsと一緒なら、ひょっとしたら支援という形で関わって、小さな挑戦ができるかもしれない。
最初の一歩なんて小さくていいんですよ。どんなに小さくても。
けれど、その一歩を踏み出せたら、次は早いんですよね、2歩目3歩目って。
なんていうか自分の中の歯車が回り始めるんですよ。

これって僕がやりたい「人の背中を押せる人間になりたい」っていう夢の一つのカタチかもしれないなって思っています。

そして、「僕らを応援してくれる方々や、これから挑戦しようとしている方々と、一緒になって夢や目標を追いかけられたら理想だな。そしたらきっと、僕もそして一緒になってくれる人たちも、ワクワクするんじゃないかな」と。そう思って、クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。

 

4. 挑戦する人たちが集まる”居場所”を作りたいから

これは今回のクラウドファンディングの先に描いている僕のビジョンです。

僕にとってビジネスは『居場所作り』です。

僕はDearsを始める前、アフィリエイトで独立していました。
独立する際に、専門学校を卒業してから約10年間 勤め続けた美容室を辞めてます。
「会社を辞めたらもっと楽になるだろう」と思ってたんですが、実際はすごく孤独でした。

良くも悪くも家から一歩も出ることなく、1日中ゴロゴロ映画を見ても、ウェブサイトが勝手にお金を運んでくれます。
だから誰とも関わらなくなってしまって、お風呂はいらなくなったり、一日中パジャマだったり。
どんどん自分が世の中から隔離されていくような、「俺、誰からも必要とされてないんじゃないか?」みたいな。そんな感覚に襲われて苦痛でした。

「人は独りでは生きていけない」っていう言葉がありますよね。
あれは「誰かに助けてもらわなきゃ生きていけない」って意味だと思ってました。
けどそうじゃなくて実は、「孤独だから生きていけない」ってことなんだって、その時初めて気づきました。

人から必要とされず、居場所がなくなってしまう。
もちろん「私は一人が好きだから」という人もいらっしゃると思いますが、僕の場合はそれが苦痛で嫌でした。

そんな経験もあり「人生って自分の居場所を見つけていくことなのかな」と思っていて、
そして「人生の多くの時間を占めるビジネス(仕事)もまた、居場所作りなんだ」というのが、僕の中にあります。

だからDearsも、そこに関わる全ての人に必要とされ、居心地の良い場所にしようと思って、週休3日制を導入したりお給料良くしたりして、”居場所”を作りこんでいます。

では、今回のクラウドファディングの先に、どんな場所を作りたいのか?
それを思った時、『挑戦』の二文字がすぐに頭に浮かびました。

挑戦する人たちが集まり、みんなが高め合える場所。
そんな場所に僕は居たいし、関わっていたい。

今回の取り組みは僕にとっては大きな挑戦です。
その成否はDearsブランドの今後に当然影響しますから、うまくいかなかった時のリスクはもちろんあります。

こうした取り組みを見て、「(支援という形で関わって)一緒にそのプロジェクトに挑戦したい!」「北原やDearsが頑張ってるから応援しよう!」と、
挑戦・応援してくれる人たちが現れたのなら、その人たちでコミュニティを形成し、プロジェクトが終わったあとも繋がっていたいと思いました。
そして、みんなで互いに挑戦し、高め合える場にできたなら、それは僕にとって最高の居場所になるのではないかと。

だから今回のクラウドファンディングでは、特典というカタチで、支援してくれた方全員に「ココカラ」というコミュニティをご案内することにしました。
(*案内は全員にしますが、参加するかどうかはご本人次第です。あくまで希望者だけが集まってやる感じです)

クラウドファンディングという一つの挑戦をフィルターに、新しい仲間と居場所を作っていきたい。
そんなビジョンを、この先に描いています。

6月15日18時00分より、Dearsのクラウドファンディングがスタートします!

こうした経緯があり、6月15日18時00分から、7月19日23時59分までの約1ヶ月間、Dearsのクラウドファンディングを実施します。

「髪の悩みを解決するヘアケアを、たくさんの人に知って欲しい」
Dearsのクラウドファディングページはこちら
http://camp-fire.jp/projects/view/28959?token=2xiqi0yn

温かく見守っていただけますと幸いです。

そして、もしよかったら、僕らと一緒に挑戦してみませんか?
いつもと違う”何か”が始まり、きっとワクワクすると思いますよ。


無料メルマガのご案内

心をちょっとだけワクワクさせる一言を、
ほぼ毎日配信する無料メールマガジンです!
お気軽にご購読ください ^^

↓ ご購読はこちらから↓


美容師のあなたへ
ディアーズで一緒に働いてみませんか?



「美容師だから仕方がない」と自分に言い聞かせ、無理をしていませんか?

  • 「美容師の道を選んできて良かった」と心の底から感じられる
  • 美容師としての時間と家族との時間のを大切にできる働き方ができる
  • 夢や理想をカタチできる

美容師だから我慢するのではなく、美容師だから描ける働き方がディアーズにはあります。

女性が働きやすい特別な環境で、一緒に働いてみませんか?

<ディアーズの美容師求人 詳細はこちら>


美容師の働き方 LINE相談室はじめました

美容師の方限定の働き方相談室です。あなたの仕事のお悩み、北原にご相談ください。
いただいたご相談に対しては、24時間~48時間以内を目安に北原自身から直接返信いたします。

仕事の悩みは一人で抱え込んでも解決せず、なかなか前に踏み出すことができません。
この企画を通して、仕事で行き詰まった美容師さんたちの背中を、1ミリでもいいからそっと押せたらと思っています。

<LINE相談室の詳細こちら>


ディアーズのフランチャイズを検討中の方限定
「美容室経営の黒本」プレゼント

ディアーズのフランチャイズ加盟を真剣に検討いただいている、美容室経営者様 もしくは独立志望の美容師様のため限定書籍です。

実践者の立場から、リアルな美容室経営ノウハウを赤裸々に語りました。

フランチャイズ加盟を希望される方の多くは、経営に何らかの悩みを抱えていらっしゃいます。
私たちの仲間になることで、それらが本当に解決できるのだということを、本書を通じて感じていただければ幸いです。

<書籍の詳細および無料ダウンロードはこちら>

関連記事

  1. クラウドファンディングの記録

    クラウドファンディング終了のご挨拶と今後の計画と夢(目標)達成!

    7月19日をもちまして、クラウドファンディングが終わりました。…

  2. クラウドファンディングの記録

    クラウドファンディングの仕組みを絵でご説明します!

    Dearsでは、6月15日18時の公開を目指して、クラウドファンディン…

  3. クラウドファンディングの記録

    初日で目標を大幅に超えることができました!→ファンディングは継続中です

    みなさま、応援ありがとうございます!15日の18時より開始した…

友だち追加数


LINE@限定記事・セミナー告知・サロン見学のお知らせ等はLINEから配信いたします。 セミナーや講演のご依頼、社内セミナー等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

公式YouTubeチャンネル



公式Podcast「北原ラジオ」

STORYS.JPに自分史を投稿しています









  1. ブログ

    自分の中にできてきた経営者の仕事とは?
  2. ブログ

    超がつくほど良い物件 (ドラッグストア跡地)
  3. フランチャイズ

    兵庫県の美容室の経営改善ー期間限定メニューの前に基盤を作りこむ
  4. ブログ

    2店舗目の出店が決まりました
  5. ブログ

    ディアーズから生放送!
PAGE TOP