ディアーズ・フランチャイズオーナーたちの非日常的な日常

『目標は年間利益1億円』DearsFC加入で見えた勝ち確定のルート、FCオーナー小正さんへのインタビュー

こんにちは!インタビュアーあいめこです。

Dearsの経営について今回は小正さんにインタビューをさせていただきました。

小正さんは、DearsFCに加入する前に、美容室や焼き肉屋、エクステサロンなど様々な店舗運営に取り組まれていました。

一見、順風満帆に見えますがなぜDearsFCへの加入を決められたのか、そして小正さんが語る「利益1億円」という目標について色々とお話しをお伺いすることができました。

私自身、小正さんとのインタビュー中で、自分の中にあった常識や凝り固まったこだわりに気づき打ち砕くことができました。

自分のリミッターをぶち壊したいという方にも必見な内容となっています!

北原さんを知ったのはWEBマガジン、他の美容師さんとは全く別の角度で経営を語る北原さんに注目

小正
小正
大阪のほうでDearsをさせていただいている小正と言います。

一つでも、そんな考えもあるんだなって思ってもらえれば光栄です。

よろしくお願いします。

上村
上村
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

北原さんも私も、小正さんすごいって思ってるんですけども、、、。

まず、小正さんほどのスペックがある方が、どうしてDearsを知ったか、北原さんをどこで知られたのか、というところからお伺いしてもよろしいですか。

小正
小正
北原さんを一番最初に見つけたのは『POOL MAGAZINE』っていう、有名な美容師さんとかが出られているWEBマガジンですね。

それまで、SNSとか携帯を触る習慣が全くなかったんですけど、たまたま偶然見る機会がありました。

もともと、うまくいってる人がいろいろ語ってるページを見るのが好きなので、掲載されている全員分読ませていただいたんですけど、その中で読み続けたいなって思ったうちの1人が北原さんでした。

上村
上村
その雑誌の中で、北原さんはどんな発信をされていたんですか。DearsのFC展開の話ですか。
小正
小正
一般的な経営の話ですね。

ほかの有名な美容師さんは美容師目線で語られている中、北原さんの発信だけは、美容師ではなく別の角度から美容室の経営を語ってたんですよね。

多くの投稿の中でも、珍しい角度だと感じました。

上村
上村
小正さんは、ずっと経営に興味がおありだったんですか。
小正
小正
基本的には、時間とお金を両方手に入れるためには、経営者とか投資家のステージに行くべきという考え方で、そのツールとして美容室に携わりたいと思っていました。
上村
上村
プレーヤーでは駄目だったんですか。
小正
小正
プレーヤーは、お客さまに喜んでいただける達成感があるんですけど、1人でやっても売り上げが180万とか200万くらいなんです。

そこから自分のお給料ってなってくると、時間を提供してやっと100万円を超える収入が得られるってモデルじゃないですか。

だったら、沖縄とかどこかに住居を構えて、朝起きてみんな頑張ってくれてるなって思いながら、ゆっくりコーヒーをすする生活のほうがいいじゃないかと思っています。

その上で、300万から1000万くらい欲しいなって思ったんで。

上村
上村
そういう楽しい生活が欲しかったというところから、経営者側に回りたいという考えなんですね。
小正
小正
それだけですね。

せっかく生まれてきて、それを経験せずに歳を取っていくのは嫌だなって思ってて、それを経験した上で現場がいいって思ったら戻れるわけじゃないですか。

当初のプランだと30前半くらいで時間に余裕がある経営者になって、飽きたから戻ってくるっていうビジョンだったんですけど、そこに失敗が重なって今を生きています。

持ち前の行動力で焼き肉屋や美容室などを次々と店舗展開、のちに売却

上村
上村
失敗を重ねられたとのことですが、小正さんは2006年の28歳のときに共同経営で美容室を出されてから、翌年に焼肉屋さんを出されてるんですよね。

これは、何かきっかけがあったんですか。

小正
小正
おばあちゃんが一人でやっているカウンターとテーブル2席くらいの小さなお店の焼肉屋によく食べに行ってたんです。

そうしたら、もう引退したいって話になったんですよ。

飲食店を経営したいとか、カフェをしたいって言ってる人が周りに多くいたので、店をやりたいって言ってる人に、引き継いでくれる人を探してるよって話を3人くらいに打診したんです。

1人くらいやってくれるかなって思ったら全員最後の最後で断ったんですよ。

じゃあ、僕がやろうかなって。

上村
上村
行動力がすごい。

よく、美容室を運営しながら焼肉屋さんも見られましたね。

小正
小正
おばあちゃんが教えてくれるって話だったんで。
上村
上村
その2009年から、小正さんが自分でお店を出されているんですよね。

2012年に3店舗出していらっしゃるから、思い描いていた自由で悠々な生活になってたんじゃないですか。

小正
小正
ありがたいことに売り上げは順調に進んでたんですけど、時間が足りなくて、、、。

全部自分でやってたんですよ。人を育てるのも、店舗を作るのも。

北原さんもよく発信されていると思うんですけど、美容室って1人100〜200万くらいが技術売り上げなんですよね。

となってくると、プレーヤーとして優秀な子って必要なんですよね。

当時のやり方ではその子らに、満足するくらいのお給料を渡せないモデルだなって思っていました。

上村
上村
今とは違う、小正さん一人のマンパワーで動かしまくってた時代だったんですかね。
小正
小正
マンパワーと、優秀なできる子と一緒にやっていたという感じですね。
上村
上村
その二つに頼っていたんですか。
小正
小正
はい。

スタッフには、3軒から5軒くらいはこのやり方でできるからっていうニンジンをぶら下げて走らせていたんですけど、100万くらいじゃ満足しなくなってくるじゃないですか。

そうすると、僕には次のステージを用意できなかったので、その子らのモチベーションが保てなかったんですよね。

上村
上村
そのときの小正さんの心情は、どういうものでしたか。

しんどかったですか。

小正
小正
見切りをつけました。
上村
上村
早い。
小正
小正
このモデルは駄目だってなりました。
上村
上村
小正さんってへこまないんですか。
小正
小正
諦めが悪いんですよね。

もっと上になりたいっていうか。

上村
上村
すぐ次に行こうってなるんですか。
小正
小正
このモデルで思い描いた感じにならなかったから、思い描くバージョンをまた作り込む。

頭では、こうやったら店舗展開できて、年商何億いって、手元にいくら残るって分かるじゃないですか。

だったら、こういうコンテンツを作らないといけないっていうところまではあるんです。

だけど、そのコンテンツを作り込む能力が低いんです。

上村
上村
2014年には海外向けに商品を販売する店舗も出されていますよね。
小正
小正
もともと、そういう話があって。これもお金なんですけど。
上村
上村
どんどんお金の話しましょ!笑
小正
小正
大阪の日本橋って、海外の人がいっぱい来るんですよ。

何をやっても、海外の人が日本の定価の何倍もの値段で買ってくれる、みたいな話を聞かされて。

確かにすごいんですよ。

上村
上村
これは儲かると。
小正
小正
右から左に流すだけで100万も200万も残るんだったらやりますって言ったら、全然仕事が来なくて撤退したんです。
上村
上村
2015年には、エクステサロンをオープンされています。
小正
小正
それが、僕が唯一思い付いたコンテンツです。
上村
上村
それまでは、違うところからの情報を小正さんがやってみた結果なんですね。
小正
小正
それまでの美容室運営は、普通のことを人より真剣にやれば地域一の売り上げが出せるって感じでやってたんです。

でも、それだとマンパワーに頼らないといけないし、長時間労働からは解放されない。

短時間で単価が取れて、お客さまの悩みに特化して解決するサロンを作ることができれば、うちの店がないと困るっていうコンテンツになって、人の能力に左右されずにお給料も値段もよそと比べなくて済むので、単価も取れるっていうビジネスモデルになると思ったんです。

上村
上村
小正さんが考えられたエクステサロンのビジネスモデルは、依存型プロダクトという意味では今のDearsに似ている気がしますね。
小正
小正
考え方的にはそんなに遠くないと思います。
上村
上村
ちょっとびっくりしたんですけど、2016年に飲食店を店長に渡して美容室を2店舗売却されて、HISを撤退されて、ここに何があったんでしょうか。
小正
小正
その1年くらい前に自分がやっていた美容室に限界を見て、そこの店長たちがいなくなって、もう一度立ち上げからやるの嫌だなって思ってました。

そのくらいから、種は撒いていました。

上村
上村
売る準備は既にされていたんですね。
小正
小正
そうです。

それで、育毛とか増毛エクステのサロンを一人で育てながらやっていた状態ですね。

そのタイミングだったので、全部売却してしまいました。

上村
上村
何かに疲れたというより、小正さんが次に行くための準備をするという前向きな感じだったんですね。
小正
小正
重かったんですよね。

夢を見ている若い子を雇っているし、それなりに志の高い子が集まっている店舗だったので。

俺ら普通の人間でもルール通りに頑張れたらやれるっていうところを見せていたつもりですし、みんなそれくらいはなれると思って頑張っていたと思うんですけど、無理やなって先に気付いちゃったわけですよ。

上村
上村
先はないかもしれないと…。
小正
小正
一応、僕は店長とかにも、先がないことを正直に全部しゃべったんですけど、きょとんとしてました。

今のDearsみたいな、ビジネス的に大きくなっていくであろう形にするために、その子らを説得して連れてくほど人望もなかったので、僕が離れるっていう感じでしたね。

上村
上村
これは言いづらいかもしれないんですけど、小正さんに人望がなかったっていうのはマンパワーだったからですか?
小正
小正
結局、僕とやりたいわけじゃなくて、自分たちがやりたい美容室に協力してくれる上の人って立ち位置だったと思うんですよ。
上村
上村
ちょっとリアルですね。
小正
小正
それを違うものに変えるって言われたら、その子らからしたらそんなお店で働きたいわけじゃないから退社しようかなってなるんです。

でも店長らは今までやってきた路線で走りたい子だったんで、店長に売却という形にしたんです。

売却したときに、明日からお店が欲しいですってサインをすれば、給料が倍になる設定にしていました。

上村
上村
それは、最初からそういう仕組みにされていたんですか。
小正
小正
利益が出た時点で、そういう設定にしてました。

スタッフが残るんだったら、美容室って簡単に駄目になるものじゃないんですよ。

下降線をたどるには時間がかかるんで、一応フェアに全部しゃべりました。

でも、きょとんとした反応だったんです。

上村
上村
先のイメージが湧かなかったのかもしれないですね。
小正
小正
よそよりも調子はいいし、どこに問題があるんですか?くらいな感じでしたね。

その子らの給料は倍になるので、誰も損しないじゃないですか。

今のタイミングだったら誰も損しないから、打診して現金に変えようって感じでしたね。

年間利益1億円という目標、自分でやらずともDearsならそれができると確信した

上村
上村
小正さんは2017年にDearsのFC説明会に参加されてますよね。
小正
小正
その前に、2015年8月に『オープンから3カ月がたちました』っていう北原さんのブログがあると思うんですけど、それを見たときに、もう全国展開できるモデルやんって思ったんですよ。

この人、ヤバいなって。

僕より北原さんのほうが年下だし、普通にブログで見つけただけなので。

しかも、北原さんがちゃんとテストをしてくれて、FCの赤字店舗の復活とか、駄目になる可能性があるリスクをブログで発表してるんですよね。

それで、これはどっちなんやろって。

上村
上村
どっちと言いますと?
小正
小正
自分で、直営でやっていくことを目指されるのか、各地にFCオーナーを募集するのかということですね。

全国展開することは分かっていたので、結果的にFC募集の声がかかったので良かったと思いながら参加しました。

上村
上村
小正さんが、最初の時点でDearsが全国展開ができるモデルだと思われた理由って何だったんですか。
小正
小正
ホームページの集客、高いリピート率ですね。

あとはちょっと失礼かもしれないんですけど、最初ホームページのスタッフの配列を見たときに、ここでつまづくんじゃないかなって僕が考えていたところが、全てクリアされているんですよね。

このモデルなら、ある程度の人口がある所なら全部配置できるやんって思ったんです。

上村
上村
そこまで気付いているのであれば、小正さんが自分でできたんじゃないですか。
小正
小正
そのコンテンツを作るのが難しいんですよね。

ホームページとかネットの知識が疎いので、大阪で3、4件だったら、真似をして同じような仕組みで作れる可能性はゼロではないと思うんですけど、僕にはやる理由がないというか、、、。

上村
上村
それは、インタビューでも皆さん言われることですね。

自分でやる理由がない。

小正
小正
会社の利益で年間1億円っていうのを早くクリアしたい。

僕は、そのためだけに仕事をしているんですよね。

上村
上村
年間1億?
小正
小正
年間1億、利益を残したかったんですよ。
上村
上村
利益、1億!
小正
小正
僕が自分で考えたモデルでやっても3000万くらいだったんですよ。
朝から晩まで働いて自分の自由な時間は作れずに。

加えて、税金がそこから引かれるじゃないですか。

なんか分からないんですけど、キリのいい数字で1億くらい稼ぎたいっていうのがあったんです。

上村
上村
たしかにキリはいいですね。
小正
小正
何に使いたいとかはないんですけど、1億くらいは稼ぎたいと思ってて、北原さんのモデルを見たときに1店舗から月100万くらいじゃないですか、20軒くらいでいけるなって思ったんですよ。

月2000万、年2億4000万、税金を引いて手残り1億、5年で行けるなって思いました。

これは、自分でやる理由がないじゃないですか。

目標が1億なんで。

上村
上村
「直営店じゃなくて、FCでやってくださって北原さんありがとう、ラッキー!」みたいな感じだったんですね。
小正
小正
北原さんがFCを募集してくれて、あの日のガッツポーズ以上のものはなかったですね。

「やった、この人生勝った」って思いました。

利益1億円へのレールに乗れたことで今までの事業への悩みやストレスが激減

上村
上村
説明会に参加されて、そこからはどうでしたか。
小正
小正
その次は、北原さんに選ばれないといけないんですよ。
上村
上村
それ聞きたいです!
小正
小正
僕が北原さんの文章を読み解く限りでは、自分でできるってことを出したら駄目だなって。

自分でもやれるって感じをどこまで消せるか、会うまでのシミュレーションしてました。

上村
上村
戦略的ですね。
小正
小正
当時の北原さんは多分、赤字店舗を復活させたい感じだったし、そういう人を募集しているようなブログの書き方だったので、変にやってます感というか、一緒にやりましょうっていうテンションで行くと弾かれるって思ったんですよ。
上村
上村
北原対策として。
小正
小正
北原対策、めちゃくちゃしました。

過去の北原さんの投稿は、見つけられる分は全部読みました。

文章から読み解く北原さん像みたいなものも、自分なりに分析して、やってる感は絶対に出しちゃ駄目だ、困ってる感が大切だ、僕には北原さんが必要なんですっていう感じを常にアピールする。

上村
上村
利益1億のために。
小正
小正
北原さんのイエスが、このプロジェクトを決める。
上村
上村
確かに、すごい困っているというわけでもないですもんね。
小正
小正
困ってはいるんですよ。

自分のやり方だったら1億に届かないってテンションが下がってるんで。

また1億いかれへん、40歳になってもいけそうにない、、、。って感じで。

ただ、明日の生活に困るという悩みはなかったです。

自分の掲げている、こうなりたいという理想になれないから悩んでいる。

悩んでいるのは、みんなと一緒です。

上村
上村
小正さんは利益で1億欲しいっておっしゃられていても、これだけすごい方なので、どこかのFCに入ること自体に抵抗はなかったですか。
小正
小正
全くなかったですね。

僕の田舎は鹿児島なんですけど、美容師になって間もない頃に、鹿児島に帰ってお店をするならモッズヘアーのFCとかないんかな、お客さんめっちゃ来そうだなって思ってるタイプだったんですよ。

もともと独立したい気持ちがないんですよね。

上村
上村
自分が経営者としてどうありたいとかじゃなく、リアルな数字やお金が指標だったんですね。
小正
小正
そうですね。

このほうが勝ちやすいとか、こっちのほうが勝てるだろうっていうほうが大事ですね。

チャレンジに生きれない、勝ち戦を探す感じです。

上村
上村
なるほど。

加盟されてエクステサロンも渡されて、Dearsの人間になるというところで、怒涛の展開で2018年から7店舗出されています。

1店舗と2店舗の間も、1年も空いていないんですけども、美容室って1店舗出すのに何千万とかかかるじゃないですか。

1店舗、2店舗を出すお金ってどうされたんですか。

小正
小正
1店舗目は、自分のやっていたお店の看板替えだったので、お金がかかってないんですよ。

2店舗目は、自分のお金で。

上村
上村
すごい。北原さんもビックリな人が入ってきたって感じだったんじゃないですか。
小正
小正
北原さんが作ってくれたDearsという仕組みで走らせてくれるんだったら、僕はそこそこやる自信がありました。

多分、僕が一番店舗展開できるだろうって思ってましたね。

上村
上村
小正さんが思われる、他のDearsのFCオーナーとここが違うというところはありますか。
小正
小正
2000万、3000万の世界を見たことがあるからか、手残り1億をこのプロジェクトで達成する。

自分の残りの人生を考えると、達成したときに歳を取っていても意味がないから、タイムリミットが決まっているじゃないですか。

その欲の大きさじゃないですかね。

3000万だったら、頑張らなくても北原さんの指示通りすぐハサミを置けば誰でもいけると思うんですけど、1億ってなってくると店舗数が10軒くらい必要になってきます。

それを5年で完成させるためにはって考えています。

上村
上村
2000万、3000万でも十分、生きていけるじゃないですか、でも1億にこだわる理由はなんなのでしょうか?
小正
小正
1億ってキリがいいじゃないですか。笑

年間1億欲しいな。

年間、通帳に1億がたまってったらいいなって。

上村
上村
すいません。

私の常識が邪魔してました!笑

1億っていうところが好きなんですかね。

小正
小正
そうなんですかね。

ゲームの感覚なのか、常に億って思ってました。

上村
上村
生活とかじゃないんですね。

億に行くって決めたら億に行くんですね。

2000万、3000万のラインから億に行くまでに、いろいろな葛藤はありましたか?

小正
小正
悩みはなかったですね。

3000万くらいでうろちょろしているとき、自分が走ってる線の上に億がなくて、これじゃあかんな、みたいな感じなくらいで。

常に頭で「どうやったら億にいくかな」「この事業じゃ億はいかんな」みたいな感じでした。

本当に頭がいいんだったら、ビットコインで1億いってもいいし、株で1億いってもいいんですけど、ただ、そういう能力がないんで。

確実にいけるって頭に浮かんだものが、店舗ビジネスだったっていうだけです。

上村
上村
Dearsに加盟した後の小正さんの変化として、例えば、売り上げだったり、生き方、社員との接し方など、どういう変化がありましたか。
小正
小正
精神的には、今は億につながる道を走ってる予定なので。
上村
上村
億のレールに乗れた。
小正
小正
だから、ストレスがない状態です。

前は、常に考えてましたね。

どうすればいいのかな、こうしないといけないかなっていう、その条件に当てはまるコンテンツが作り込めなかった。

上村
上村
Dearsに入ったイコール、レールに乗った。

ストレスがないっていう。

小正
小正
そうですね。

北原さんから、大阪大丈夫でしたよってLINEで教えてくれたときに、これで5年後には1億の土台が出来上がって、7年後には毎年通帳に1億がたまるから何しようかな、みたいな感じでやってました。

上村
上村
1億が入った後のビジョンって考えられてますか。
小正
小正
特別に何かやりたいこととかがないから、悩んでますね。
上村
上村
小正さんはそれが悩みなんですね。

今、7店舗されていますけれども、どういう変化がありましたか。

小正
小正
前、自分でやっていたときは月1000〜1200万くらいだったんですけど、今は売り上げ自体は1400〜1600万をうろうろしてる状態になっています。

上がっていくのが明確で、こうしたらこうなるっていうやることが決まっていて、あとは時間軸と自分のキャッシュの問題かなと。

それが一番の違いですかね、どうしようって考えることがないです。

ここにキャッシュをこれだけ置いておけば次はここができる、北原さんのおかげで求人に悩むこともありません。

上村
上村
次を出すことだけを集中して考えられるようなイメージですか。
小正
小正
そうですね。
上村
上村
自分でされてたときは、社員の方が優秀すぎて重かったっておっしゃっていたんですけども、今は社員との接し方はどうですか。
小正
小正
ルールを守って、近すぎずって感じですね。

決められたルールを遂行してもらうっていう。

上村
上村
日々のオーナー業のルーティーンとしても、あまり店舗には出られてないんですか。
小正
小正
僕、がっつり現場をしてます。

だから、美容師をやっています。

上村
上村
そうなんですね。

今まで、運営メンバーの方にインタビューをしていたので、がっつり現場に出られている方は初めてかもしれないです。

小正
小正
ハサミを置いて自分ができるレベルのことを考えたら、現場で100万あげて、必要なときに突っ込めるお金を常にプールし続けたほうが早いって結論ですね。

あくまでも、どっちがいいかって考えたときに、ハサミを置いてやれることはたかが知れてるなって思ったので。

それだったら、毎月100万円、広告費を稼ごうって感じです。

上村
上村
すごく現実的ですね。

Dearsは宝までのナビだった!DearsFC以外のいい選択はほとんどないから加入しない理由がない

上村
上村
小正さんは、北原さんのところに入ったら勝ち確定だったんですけれども、そんな中で、北原さんとの印象的なエピソードって何かありますか。
小正
小正
北原さんはアップデートのスピードが早すぎる。
上村
上村
アップデートですか。
小正
小正
僕の北原さんの印象って、初めてお会いしたときからもちろんすごかったし、うわぁって思ってたんですけど。

入らせていただいた後の3、4年もすごかった。

上村
上村
事業の進みとか。
小正
小正
アップデートの仕方が年単位じゃなくて、1シーズン単位というか。
上村
上村
確かにDearsも早いし、いろいろなこともされているし、痩せているし。
小正
小正
そうですね。
上村
上村
いろいろなことのアップデートってことですね。
小正
小正
すごいスピードでされているなって、遠くに行き過ぎて、姿が見えないくらいになっちゃいました。
上村
上村
小正さんだって、これだけの短さでされているのでアップデートはかなり早い方だと思うんですけど、それでも遠くに感じられるんですね。
小正
小正
僕はアップデートをしていなくて。

車で言ったら、いい性能の車に乗っただけなので、今まで100キロしか出なかった車で走っていたのが、Dearsの車に乗せてもらったら300キロ出る、みたいな。

上村
上村
外野から見たら、この年月でこの店舗数を出されるのはアップデートだと思っていたけれど、小正さんからしたら性能のいい車に乗っただけっていう。
小正
小正
そのとおり、マシンが違うんです。

最初、北原さんから話を伺ったときは、宝の地図をもらえるって印象だったんです。

入って2、3カ月したらナビが指示してくれてて、これ地図じゃない、ナビだって。

上村
上村
それをナビと捉えられる小正さんの能力の高さも素晴らしいと思います。

ナビで指示をしてもらって、利益1億も見えているってことですね。

小正
小正
宝くじ毎年当てれるやん、みたいな感じでした。
上村
上村
すごく明るくなれますね。

小正さんが億へのレールに乗った状態で、今後、こういうふうになりたいっていうものはありますか。

小正
小正
お客さまの髪の毛を見ながらも、自分が何かがやりたくなるような環境に身を置いてみたいです。

そこが居心地良くて幸せを感じながら、沖縄の海を見ながら毎日幸せって思えるかもしれないですし。

下手したら、2カ月くらいで暇すぎて飽きちゃうかもしれない。

ただ、経験してないからわからないじゃないですか。

上村
上村
わからないですよね。

店舗数で言うと、20店舗ですか。

小正
小正
最初の目標は、12店舗ですね。

あとは流れで。

上村
上村
12店舗はもうすぐですね。

あと5店舗だから、数年後ですね。

小正
小正
本当は、今年で終わってる予定でした。

だから、ちょっと時間がかかってるくらいです。

上村
上村
私が個人的に気になるのは、小正さんほど優秀な方が、なぜ運営メンバーに入らないのかです。

運営メンバーに入っても、その夢は叶えられるじゃないですか。

でも、小正さんは違う所で自分のレールを進んでいらっしゃるような印象があります。

北原さんの横に来ないのは、どうしてでしょうか。

小正
小正
入りたての頃は、興味がありましたね。

北原さんの下で勉強したら、すごいレベルアップしそうだなって思っていたんですけど、、、。

北原さんの作られた勝ちが確定している事業を純粋に広げていくのが、自分が一番、時間も取られずに、キャッシュが積み上がるポジションだと思ったんです。

上村
上村
私、小正さんのキャッシュ前提なところ、すごく好きです。
小正
小正
多分、運営に入ったらプレッシャーに耐えられないんちゃうかな。

今、悩みゼロなのに、北原さんの横に立ったら求められることに対してストレスを感じるかも。

上村
上村
ちょっとプレッシャーに感じちゃうと。
小正
小正
それくらい、北原さんは毎日の行動量がすごいので。
上村
上村
いろいろなことをお伺いしたんですけど、この記事を読んでくださった方がDearsのFCに興味を持っていただけたらうれしいと思います。

小正さんがこれだけは伝えたいということはありますか。

小正
小正
2000万とか3000万の利益を、1日30分から1時間くらいの労働で叶えられるのがいいなって思っている方は、DearsFCに加盟しない選択肢にならないと思いますね。

直近5年くらいで利益が欲しいっていう質問から逆算していくと、Dearsに入る以外の選択肢よりも良い選択ってないんじゃないかと思っています。

ハサミを置いて、家族と一緒にいれて、旅行に行けて、おいしいもの食べれて、ちょっといい車に乗ってっていう環境が欲しいなら、なんで入らないのかなって。

上村
上村
ゆるく正論をおっしゃりますね。
小正
小正
逆に不思議でしょうがないです。

入らない理由ってなんですかって聞きたいくらいです。

上村
上村
逆に知りたいですよね。
小正
小正
例えばですけど、野球とかでピッチャーやっててエースだったけど、松坂大輔が自分の高校に編入してきたとき。

あなたは日本一のピッチャーが同じチームに入ってきたのに、自分で投げたいんですかって。

勝つためには、松坂大輔にエースの座を譲るのが、誰がどう考えても正論なわけじゃないですか。

なのにみんな、勝てるかもしれないから自分で投げたいって言ってるんですよ。

大げさに言ったら。

上村
上村
逆に教えてほしいと。
小正
小正
悩んでいる人が、なんでDearsに入ることで悩む必要があるのかなと。

本当に不思議です。

北原さんに断られてるとか、やりたい地域でやれないとかっていう人は話が変わってくるんですけど、そうじゃない人で悩むのおかしいんちゃうかなって思います。

まとめ

小正さんは圧倒的な行動力とスタートの早さ、軌道修正や見切りのつけ方など事業運営に必要な才能やセンスをお持ちの方です。

「1億円はキリがいいから、1年で通帳に1億がたまってったらいいな」という目標設定も小正さんらしさが溢れており、目標を達成するまでの運営を試行錯誤しながらとても楽しまれているように感じました。

そして、そんな小正さんが「利益1億円」という目標を達成できると、勝ちを確信した最短ルートが、DearsFCへの加入でした。

小正さんが目標の1億円を達成されたとき、またぜひお話を聞かせてもらえれば嬉しいですね。

 

ディアーズのフランチャイズ加盟店、募集しています

一時新規募集をストップしていたディアーズのフランチャイズ加盟店の募集を再開いたしました。

完全自動化モデルで全店黒字。加盟店は1〜2年の間隔で新店舗を出店し、不労所得を増やしています。

定員に達したら募集終了となります。ご検討中の方は、下記よりお早めにお問い合わせください。

ディアーズのフランチャイズ
お問い合わせ・詳細はこちら

あわせて読みたい記事