過去の講演の様子(アーカイブ)

目の前の人を行動で感動させよう(奈良北高校講演)

僕の人生で一番悩んでいた時が高校時代でした。

それもあり、僕の経験を語りながら今の高校生を勇気付けられたら素敵だなと思って、
仕事が軌道に乗り始めたここ数年は、学校講演を目標に活動してきました。

先日(2017年8月21日)にその目標が叶いました。

講演の内容は、高校生でもできる、目の前の人を感動させ応援団にしていく方法です。

もちろん、社会に出る上で学力は大切です。
そして、それと同じくらい目の前の人に「あなたと仕事がしたい」と言ってもらえる取り組み姿勢も大切なのではないか、と僕は思っています。

僕自身が、その姿勢で取り組むようになってから、ありとあらゆる夢や目標が実現しました。
だからこそ、彼ら彼女らに、今の僕だからこそ伝えられることを、全力で伝えてきました。

どうぞ聞いてください。

音声で聞きたい方はこちら

動画の書き起こし

(*文脈をつなげるために、一部編集しています)

えっと、ちょっと自己紹介からさせて下さい。
はい、34歳、一応一番イケメンの時の写真をチョイスしてきました。

僕は34歳なんですけど、この時24歳、10年前の写真です。
正直モテてました。でも今はダメですけど 笑

いじめられていた学生時代

この時、美容師をやりながらめっちゃ頑張ってたんですけど、
僕の学生時代、思い出したくもないくらいしんどいことしか無かったです。
中学校をいじめられながら卒業しました。

なぜかというと、両親が警察官で、僕学校めっちゃ変わってるんです。
小学校だけで4回変わりました。
だから、転勤転勤転勤だけで、もうほんとに友達ができなかったんです。

友達ができても、どうせまた引っ越すんだろ?どうせまた引っ越すんだろ?の繰り返しで、
徐々に、友達を作るのが嫌になってしまいました。
で、その友達を作るのが嫌だっていうオーラが出てしまったので、周りからホントに友達がいなくなりました。

高校も引きこもりながら卒業しました。
学校には行ってるんですけど、授業が終わったら即帰り、友達ともほとんど喋る人がいない、
そんな高校生活でした。

専門学校でもそうでした。
専門学校でも、自分ずーっと一人だったんです。
よく、休み時間にちょっと仮眠を取ったりする人いないですか?
僕はそういうタイプだったんです、一人なので寝ちゃって。

で、どれぐらい一人だったかっていうと誰も起こしてくれないで、
(みんな僕を起こさずに)次の授業の教室に行っちゃうんですよ。
だから僕一人ずっと教室で寝て過ごしたとか、そんな感じなんです。

今はこういう風にみんなの前でお話することが楽しいとか知ってもらいたいとか思うようになったんですけど、
当時僕は人と話、話さな過ぎて、「ナイトメア」ってあだ名で呼ばれてたらしいんですよ。
あまりにもミステリアスすぎて 笑

そんなナイトメアが、就職して、実際に3年で店長に昇進することができました。
その後、独立して2年で全国に7店舗の美容室を展開してます。

僕、独立したの2年と3カ月前なんです。
それで、2年と3カ月で、全国に7店舗美容室あるんです。

それ(=この事業展開のスピード)って勉強ができたからじゃないんですよね。
目の前の人に一生懸命になれたからなんです。

目の前の人に一所懸命になる。自分の人生の応援団を作る。

なの今日その、目の前の人にいかに喜んでもらって感動してもらって
自分の人生を応援してくれる人に変えていくっていう方法をちょっとお話させていただきます。

今日のお話はこの4つです。

  • 夢の叶え方
  • やりたいことの見つけ方
  • でも、やりたいことが見つからなくても、成長して人生を楽しくする方法
  • 勉強が苦手でも嫌いでも社会で圧倒的な結果を出して成長する方法

のヒントが隠されています。
これは職業関係いです。学生の時から出来ることです。

僕の仕事はこんな感じ

さっきもお話したんですけど、僕の仕事、美容室経営を今してます。
でも美容室経営をしながら、自社のブランドのシャンプーも作ってます。

さらに、美容室のコンサルタントもやってます。
あと、ホームページ作成もやってます。

で、うちの会社の特徴ですね。

僕もうスタッフのことが好きすぎちゃって家族だと思ってるんです。
なので、週休3日制です、うちの会社は。
ちょっと面白いです、日本でもそんなにないと思います。

で、年間の長期休暇が4回あります。
それは僕自身が3カ月に1回くらい夏休み欲しいよなっていう大人だからなんです。

よく「子供をそのまま社長にしちゃったバージョン」っていう風に言われるんですけど、3カ月に1回夏休みがあれば「わーいヾ(@^▽^@)ノ 」ってなるじゃないですか。

なので、でもそれが15日とか1カ月とかじゃないんですけど、その夏休みっていうのは8連休とか、そういう感じですね。

あと、ふつうの美容室って仕事が終わったら、全員が終わるまで帰れないんですけど、
仕事が終わった人から帰っていいよっていうちょっと面白い美容室を作ってます。

社員を家族だと思って、還元、ありがとうって言ってお給料とお休みを少しでも増やしてあげたいなって思って、経営をしてるので、
みんながあなたと一緒に仕事がしたいって言ってくださいます。

あといろんな人から、ご相談をいただだくこともあります。
「どうやって人と向き合ったらいいんですか」とか、「自分にスタッフがついてこない」、「部下がついてこないんです」って
美容師さん以外からもご相談をいただいていて、中には東大卒の高学歴の方もいらっしゃいます。

そんな仕事をしている僕は、学生時代落ちこぼれだった

でもそんなご相談をいただく僕、さっきもお話しましたけど、中学校と高校は落ちこぼれていました。
専門学校もそうです、テストは5教科で150点以下、全部赤点です。

ホントに気持ちがいいくらい赤点で、30点とか取ると、お、めっちゃ頑張ったじゃんって。
自分で自分を褒めたいですっていうような、感じでもう賞状を受けるような感じでした。
英語は8点とかだったんですけど、それでも「あーよく頑張ったなー」って感じで。

当時の僕はストレスから家に引きこもって暴飲暴食、学校には行くんですよ、なんとか。
でも話さない、帰ってくる、でご飯。食べてばっかり、ゲームをやりながら食べてばっかり。

体重は今よりも20㎏も多かったです。
当時の写真イケメンのやつしかとって置かなかったんでアレなんですけど、当時の写真物凄くおっきいです。僕は。

友達も上手く作れなくて家に引きこもり、毎日ネットゲームと漫画ばかりの生活でした。
肝心の進路も、勉強したくない、しかも、働きたくもない、からとりあえず専門学校に行っとけ。
みたいなそんな感じで選びました。

先生とお話するのも、先生がいらっしゃる中でいうのもあれでしたけど、嫌でした。
もう、だって言って貰ってもやりたいことなんて見つからない。
勉強もしたくないって話すのが恥ずかしいって、っていう思いで学校は行ってました。

そんな僕が変わったキッカケ

そんな僕でも、全国に活躍できるようになった理由ですね、
ちょっと次から大事なんですけど、もう、これだけなんです。

  • またあなたに会いたい
  • あなたに仕事をお願いしたい
  • あなたと仕事が一緒にしたい
  • あなたと生きて生きたい

って言ってもらえる姿勢の取り組み。

これ、明日からでもできるスタンスかなって思います。
部活とかもそうだと思うんですよ。めっちゃ頑張ろうって、やってやるだけで、
周りの人が応援してくれるんですよね。

(僕は社会に出でから)これを職場でやってたら、出会う人がみんな味方になって応援団になってくれました。

もともと落ちこぼれだった僕が、最初に変わったのは、ある先生にこの4つのポイントを教えてもらったからです。

  1. 返事は0.2秒。
  2. 頼まれたことは試されるって思って引き受ける
  3. その時に、出来ない理由を言わない
  4. そのうちと言わずに今できることをやる

これって全部、学力がない僕でもできることでした。
僕本当に勉強できなかったんです。テストの合計150点以下、英語8点、ゲーム、マリオカート長野県1位とか、そんな感じだったんですよ。

そんな僕でも、「今すぐできることじゃん」って素直に当時は思いました。

就職して、その4つのことを知って、3年で店長になりました。
よしやるぞって思った時に、誘惑があるテレビやゲーム機、漫画、全て平安堂とかブックオフっていうところに持って行って売りました。

テレビもなくしてしまったんです、家から。
もう見ちゃうって思って。めちゃイケ見ちゃうって思ったんです。

テレビも何にもない空間を作って、そこで勉強。

そして職場に出たらもちろんテレビなんてないので、勉強。家に帰っても勉強。

出来ない大変、無理、一切の言い訳キーワードを自分から無くそうって。
もう言い訳の塊だったので、俺には出来ないとか、これこれこういう理由で出来ない、
出来る理由を語らせても出てこないのに、出来ない理由はめっちゃ語れたんですよ当時は。

でもその出来ない理由を自分から封印して、もう言ったらあかんっていう感じの
もうほんとにこういう感じでやってたんですよ、みんなの前で。

でもそれすらも笑いに変わってったんですよね。で、そういう感じでやってったら、
もう誰よりも勉強して、誰よりも、美容室では売り上げの結果が出ました。

でも、僕が売り上げの結果を出したときは2年目だったのですが、その隣にすでに6年とか7年とか勤めてる先輩がいるわけですよ。
なんで結果が出たと思いますか?

人間力で人を呼べるようになった。すると、、、

うまかったからじゃないんですよ、あなたにやってもらいたい、あなたの話が聞きたいからって言って指名してくださったんですよ。色んなお客さんが。

僕が店長になった時、お店は新規のお客さんが月に5名しか来ないサロンでした。
だけど、僕が店長になってそういうことをみんなで取り組んでったら、
3カ月後、100名ご来店してくださるようになりました。

ちょっとすごくないですか?

それだけ実績が勉学、学力だけじゃなくて、人間力で人を呼べるようになったんです。
お客さんとか「あなた売り上げ目標あるんでしょ?」っていう内部事情全部知ってるんですよ。
どこから知ったんですかそんな事情って。

でも、「あなたに貢献できるんだったら、私の髪の毛いくらでも使って」
って言ってくださるお客さんがどんどん増えてったんです。

そういうのを積み重ねました。で、誰よりも社長のことを理解しようと思いました。
で、例えば、この中で、過去に周りの人に本とかこれ読んでごらんって本とか勧めてもらったことある人っていますか?

あんまりまだないですかね、社会に出るとそういうこと絶対言ってくれる人います。
悩んでたり、ちょっとこう壁にぶつかった時に、この本読んでごらんって勧めてくれるんですよ。

で、僕はその受け取った本を、普通に読んだりとか読まなかったりとかしてたら周りの人と一緒だなって思って、
頑張ってその日のうちに全部読みました、徹夜して。
で、読んだだけじゃないです、読書感想文を書いたんです。

これこれこういう本をお勧めしていただき、ありがとうございますって、全部付箋も貼りました。
で、提出させていただきますって言ったら、その人はこんな風に本を返されたことが無いから、
お前ホントに本が好きなんだねって、本が大っ嫌いなのに本を毎日勧められるようになりました。

はい、でもそれを繰り返してったら、今度本をお勧めしてくださる方がお客様の中にも出てきたんですよ。
北原君って本が好きなんでしょって一言も好きって言ってないんですよ?
で、漫画とかは好きなんです。でも活字が書いてある奴とか読んでると5ページくらいずつ寝ちゃうんですよね。
名に書いてあるかわかんない、そもそも漢字が読めないので。はい。

でも、そういうことを繰り返していくだけで、周りの人からお勧めする本を渡して下さったりとか、くれるんですよ。
で、またそれを取りに来てくれて、その時に感想文を書く、でその感想文を受け取ることが楽しみになってくださる
お客様が出てくる。そういうことをやってお客様がどんどんどんどん増えて行きました。

これって、目の前に貰った本を、渡してもらって、それをやる、すぐやるってことを
Noと言わずにありがとうございますってすぐ読んだだけなんですよね。

最終的に周りにお客さんが増えていったときに、2年目の時にお前に店長を任せたいって社長に言ってもらって、僕は3年目に店長に昇進しました。
普通、美容室に入ると、スタイリスト、カットができるようになるだけで、だいたい3年かかるんです。
僕は先輩とか全部抜いて、3年で店長になってます。

でもカットはそんなに上手じゃなかったです、だけど実際に周りにお客さんが増えてくってことで店長にしてもらいました。

僕が大事だと思うこと。それは、目の前の人を行動で感動させること

大事なのは僕これだけだと思うんですよ。
目の前の人を行動で感動させることが出来れば、自身のファンになり、応援団になってくれる。

夢や目標、ありとあらゆる挑戦をみんなが助けてくれるようになります。

僕はもうスタートラインから先輩に、どうしたらいいんですかって聞きまくってました。
普通そういう人間が現れると先輩から叩かれるんですよね、調子こくなって。

でも先輩が、僕が店長になった時、「お前が店長やるなら俺たちが神輿担いでやる」って、応援してくれたんですよ。

何歳も年下の僕をですよ。なので、そういう人と人との向き合い方ってのがすごく大事だなって思いました。

やりたいことがあるけど前に進めない人への、僕なりのアドバイス

僕のところに相談に来る方の中には、「やりたいことあるんです、だけど、怖くて進めないんです。」っていう方もいらっしゃいます。

僕そんな人に言ってるのは、
「やりたいことがあったらとりあえず全力でやってみようよ」っていうことを言ってます。
「1000万円くらいの借金ならアルバイトでも返せるよ」ってことを言ってます。

挑戦するからこそ、周りの人が応援してくれるようになります。
挑戦するからこそ、今の実力はこうなんだってことがわかり、次に足を一歩進めることができるんです。

人生はホントに一瞬しかありません。ホントに早いです。
今学生の夏休みの時、時間早くないですか、夏休みめっちゃ早いって。
宿題まだ何にも手つけてないって最後の日に思うじゃないですか。

僕はそんな感じでした、今は毎日が一瞬です。
今日もう終わりって、そんな感じの時間で生きてます。

それって今毎日を挑戦してるからだと思うんですよね。

失敗なんてない。チャレンジしないともったいない

チャレンジしたらやらないと、もったいないです。
死なない限りは失敗はないと僕は思うんです。

例えば人を誰かを仕事先で怒らせてしまった、先輩を怒らせてしまった。
学校でもそうですよ、あの先生を怒らせてしまったとか、また忘れ物してしまったって。

でも、それって失敗じゃないんですよ。
僕もう学生の頃そんなんばっかりでした、でもその時の経験は失敗じゃなかったなって。

その時の経験があるからこそ、今目の前の人に大切にしなきゃいけないんだなっていう風に、生きれるようになったんです。

だから、今もし仮に失敗だって思っても、死ななければそれは失敗じゃないってホントに信じて行動してます。

どんな失敗でもウェルカムっていうことでとりあえずお話もらったら全部やるようにしてます、はい。

夢や目標が見つからない人への、僕からのアドバイス

次ですね、この相談もよくあります。

「夢や目標、やりたいことが見つからない」っていうご相談もいただきます。

僕がそうだったんです、逃げから専門学校を選びました、でも見つからなくてもいいです。
無理して絞り出さなくてもいいです。かっこいいことなんか言わなきゃいけないんじゃないかなって焦らなくてもいいです。

僕は勉強が嫌だ、仕事が嫌だ、だから専門学校にとりあえず逃げ込もうと思って入りました。
でもですね、そういう逃げから選んだ道でも、出会った人をファンにして行くと、あなたにやってもらいたいって人が、
どんどんどんどん表れて、お願いされるようになります。

自然とさまざまな仕事をお願いされて、任されることが増えてきて、自分の魂が喜んで、俺ってここにいてもいいんだって思えるようになったんです。
ここは自分の活躍できるフィールドだなって。

でも入口は逃げなんですよ?

だから僕何かに挑戦する時、やってみようって思う時って、なんでもいいと思うんです。
逃げでも言い訳でも、現実逃避でも何でもいいと思うんです。

でも、やってる時は出会った人の喜ぶ行動をして感動してもらえれば、
そのうちそれが、あれなんかこれ俺のやりたいことだったなって勝手に思えるようになるって僕は信じてやってます。

出会った人を感動させられなければ、せっかく勉強したことも生かせない

皆さん勉強素晴らしいと思うんです。
僕よりも3倍くらい点取られると思うんです。僕の平均点25点くらいなので。

でもですね、どんなに勉強ができても目の前の人、出会った人を感動させて動かさなければ、
動かせることが出来なかったら勉強してきたことが生かせれないんですよね。

今周りにいらっしゃる大人の方々、先生の方々とかもそうです。出会った人を喜ばしてるから、今ここのポジションについてるんですよ。
僕もそうです。

出会った人、勉強は出来なかったです、僕は。だけど、自分自身が出来ることって何だろうな〜って。
さっきの言った、返事は0.2秒とか。たったそんな今すぐできることを積み重ねてっただけで、
勉強はできないけど何かを任せるならあいつだよなって、言ってもらえるようになったんです。

だから、色んな全国からうちの美容室立て直してくださいって。
経営任せますんで、って出資してくれる人(フランチャイズ)が僕の周りでどんどん増えていってます。

そして、僕は「3年で全国押さえます(=全国展開)」って言ってインターネットで宣言して、今は活動しています。

僕だけが特別じゃない

そんな僕。北原さんだからそれって出来たんじゃないんですか?って言われますけど、どんなことないです。

僕は成績は悪くて引きこもりでした。そんな落ちこぼれの僕でも、できたことを、
(みなさんのような)学力がある、勉強をやってきた人達が、やったら凄いことになるんじゃないかなってホントに思うんですよ。

それを考えるだけでもワクワクします。
そして、僕の話を聞いて、少しでも社会で働くこと、人と何か仕事をすることが楽しみになってくれれば嬉しいなって思います。

目の前の人を感動させてください

今日お伝えしたいことは一つです。

「目の前の人を感動させてください」

そのヒントはさっき言った、4つのこちらのページですね。
返事は0.2秒、頼まれたことは試されてるって思ってやってください。
出来ない理由は言わないようにして下さい。そのうちと言わずに今できることをやろう、これ学ぶときもそうだと思うんです。

この4つが出来れば、今度これ頼んでみよっかなって、どんどんどんどんお願いされるようになります。
お願いされたものを出来ない理由を言わないで、今すぐやって、やってくと自然と何でも出来るようになっちゃうんです。

僕は、それを積み重ね、積み重ねやってきました。

それを、勉強をしっかりやってるみなさんが出来たら、
社会に出た時、並居る先輩ぶち抜いて一気に結果出せるようになると思います。

僕がお伝えできるのは勉強の仕方とかじゃなくて、一つの向き合い方です。
この4つをやって、目の前の人を感動させて、やりたいことが見つかった時、それまでに出会った人を応援団に変えてあげてください。
それだけで色んな夢が叶う土台ができると思います。

こんな感じで、僕のお話は終わります。

関連記事

  1. 美容室経営

    北原が考える、サロンを繁栄させる8つの秘訣

    セミナーで「サロンを繁栄させる8つの秘訣」についてお話しさせていただき…

  2. 過去の講演の様子(アーカイブ)

    僕がみんなに伝えていること

    先日のセミナーで、「僕の話を聞きたい」って言って会いに来てくださる人に…

  3. 過去の講演の様子(アーカイブ)

    僕が人前で話す理由

    Dearsをオープンさせてから、ゲスト講師で呼ばれたりしてセミナーや講…

  4. 美容室経営

    Dearsが会社として大切にしていること

    僕がDearsを経営する中で、会社として スタッフに思いを繋…

  5. 過去の講演の様子(アーカイブ)

    やると決めたら腹をくくる、突き抜けた行動を生むのは覚悟

    昨日は、美容室経営と経営サポートをされている鈴木さんが開催する…

友だち追加数


LINE@限定記事・セミナー告知・サロン見学のお知らせ等はLINEから配信いたします。 セミナーや講演のご依頼、社内セミナー等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

公式YouTubeチャンネル



公式Podcast「北原ラジオ」

STORYS.JPに自分史を投稿しています







  1. ブログ

    甘いものもチャージしながら、今日はデザイナーさんとミーティング
  2. ブログ

    長野(篠ノ井)エリアの物件をみにいってきました。
  3. ブログ

    年内の最後のフランチャイズ説明会を終えて
  4. ブログ

    あと1週間でだいぶ形になるそうです
  5. ブログ

    二人目のスタッフが決まりました^^
PAGE TOP