美容室経営

北原が考える、サロンを繁栄させる8つの秘訣

セミナーで「サロンを繁栄させる8つの秘訣」についてお話しさせていただきました。

  1.  出会った人を大切にする
  2.  お客様とスタッフとの出会いを増やし、ファンになってもらう
  3.  点の出会いを線にする
  4.  商品とターゲットを明確にする
  5.  知ってもらう経路をいくつも持つ
  6.  マニュアル管理を徹底する
  7.  お客様とスタッフに未来を提示する
  8.  余白をあえてつくる

と、どれも僕が普段から大事にしていることです。

音声で聞きたい人はこちら

動画の書き起こし

*文脈をつなげるために、一部編集しています

出会った人を大切にする考えを実行できれば・・・(0:00)

僕とにかく大事にしているのが、出会った人を大切にするということというのを考えています。
出会った人を徹底的に大切にすることができれば、それを実行し続けることができるれば、
結果的に様々なことが良い方向に進むんですよね。

なぜなら、自分の元から人が去らないから。お客様もスタッフも。
なので離職も基本しないですし、お客様も基本他店舗に浮気をされる方は少ないです。

初めてのお客様との出会いから、とても丁寧にやっているつもりなので、
新規のお客様でもしっかりファンになってくれています。
なので僕はよく、リピートビジネスをやっている経営者様に「出会った人を徹底的に大切にしましょう」って言ってます。

新しいお客様に向けて何かをやるのではなく、
今いらっしゃる目の前のお客様に向けて、常に動き出しましょうって。

お客様とスタッフとの出会いを増やし、ファンになってもらう(1:10)

それが出来ると、あとは基本的にこの3つだけでいいんですよね。

・集客力
・リピート力
・求人力

もちろんこの集客力っていう部分に売りを作るとか、これまで勉強されてきたこととかが大事になってきます。
リピートの部分でも、お客様にデータを届けるとか、そういう部分ももちろん大切になってきます。
ただそういう部分がしっかりできるようになったあと、大事なのはこの3つだと僕は思うんですよね。

この3つだけが出来れば「確実に」サロンは繁栄していきます。

例えば集客を一生懸命、一生懸命やってもリピートがゼロでしたら毎月新規のお客様を呼び込まなきゃいけないですし、
育てたスタッフが「うちじゃ嫌だ」、って言って他のサロンに行っちゃえば、一瞬にしてその子が作り上げられる月の売り上げっていうのはゼロになってしまうじゃないですか。

なので僕はもうこの3つだけに集中して事業を常に考えています。

点の出会いを線にする(2:12)

出会いって点なんですよね。

新規のお客様に「今日なんで来てくれたんですか?」って聞くと
「他のサロンが今まで行ってきたところがやってなかったから、前から気になってたDearsさんに来ました!」
って、前から気になっては来てくれてるんですよ。

でも前のサロンを変えるってすごく勇気があるんですよね。
こうして、たまたま偶然今日出会えた点の出会いを、絶対に次に繋げて線にしてくんですよね。
これが繁栄の全ての秘訣かなっと思います。

これはビジネスだけじゃなくて、交友関係だったりもう全てにおいてこれかなと思います。

出会う人出会う人にまたお前に会いたいよって言わせれば、まあ言ってれば僕もっとモテてると思うんですけど、
ちょっとそっちの方はうまくいってないかもしれないんですけど、
言ってもらえれば絶対に美容室もうまくいくし、スタッフも輝くんですよ。

出会った人が「ちょっとなー」って思ってるから、スタッフが輝かなかったりだとか、結果としてお店が繁栄してかないんですよね。

だからやっぱり次の繋がり、出会いに必ず繋げて線にするっていうのがすごく大事です。

そこから、失客ゼロへの挑戦、離職ゼロへの挑戦ていうのが生まれます。

良くリピート率目標何%ですか?って僕よく聞くんですけど、
そうすると90%です、95%ですって言って下さるオーナーさんいらっしゃるんですけど、
もうリピート率ってのは目標絶対100%なんですよ。

「なんでその段階で5%削るんですか」っていうことを結構言います。
「その5%っていうのは何の5%なんですか?」って。

リピート率っていうのは常に100%目指すべきものであって。
本来であれば誰もこぼしちゃいけないんですよ。

例えばリピート率90%ていう素晴らしい成績を目標にして、
スタッフが「あ、今月リピート率90%でした。でもXXさん来てくれなかったです。でも90%だからいいですよね?」
とかっていう会話が当たり前になってしまうんですよ。
そういう意識が大きくなればなるほど、「数字叩いてるから、いいや」ってなっちゃうんですよね。

そうすると結局、目の前のお客様を大事に出来なかったりするので、やっぱりリピート率は100%を本気で真剣に目指す。
すると結果として良いカタチになります。

例えば、経営者さんが実際に数字を睨めっこして90%80%っていう数字はいいと思うんですよ。
だけど、お客様に接客するスタッフがリピート率80%90%とか目指してちゃいけないな、と思うんですよ。

商品とターゲットを明確にする(4:52)

集客力、リピート力、求人力を強化させながら、目の前の人にファンになってってもらい、
人が自分の元、自社からスタッフから去らないようにしていくと伸びていきます。
そうするために徹底しているのがこちらですね。

『商品とターゲットが明確であること』

例えば僕、漫画と映画が好きなんですよ。
だから漫画と映画が好きな人が来てもらえればちょっとこう盛り上がれると思うんですよね。

美容室ってそれだと思ってて、こういうお客さんに来てください、ってしっかり発信していかなければいけない。
「誰でもいいから、来てください」ってやるともしかしたら誰でも来てくれるかもしれないですけど、
そうすると自分の自社が会社が得意としてくれるお客様がどんどん、薄れてってしまうんですよね。
特化しているところに取られていくので。

そうすると結局、お客様が通っていく中で、うちに何をしてくれているのかわからなくなってしまい、
失客してしまったり、そもそも一回目からリピートしないっていうことが生まれてしまうんですよ。

なので、商品とターゲットが明確であることっていうのは超重要です。

知ってもらう経路をいくつも持つ(6:25)

それが出来てから知ってもらう為の経路をいくつでも持っていることが大事です。

これはブログやホームページもそうですし、Twitter、Facebook、インスタグラムだったりだとか、
チラシもポスティングもハンティングもそうなんですけど、知ってもらう経路をですね、
あの手この手でもうどんどん自分の中にストックしていくことが大事なんですよ。

マニュアル管理を徹底する(6:50)

サロン内のマニュアル管理が徹底していることも大切です。

これは商品とターゲットを明確にすればするほど、スタッフの会社としての売り物を、
一定のクオリティ品質でキープさせなきゃいけないので、そのためのマニュアルが絶対に必要になってきます。

「好きにやっていいよ」じゃダメだったから美容室を退職して他のサロンに来てるわけじゃないですか。
だから、スタッフの個性は大事にします、けどまず売れてからの個性を大事にするっていう意識で
マニュアルを徹底的に作り込んでそれを実践してもらいます。

僕は売れない個性ってのは我だと思ってるんです。
でもお客様から評価されるのは個性だと思うんですよ。

めっちゃコイツ傷つくことばっかり言うなっていう友達がいて、
その人のこと個性だよねっていって好きになれますか?っていう部分だと思うんですよ。

その個性っていう部分を履き違えないようにマニュアルを作っています。
そのマニュアルを教えるための教育カリキュラムも徹底しています。

この順番で入って来たスタッフに話をかけて、この順番でお店のルールを教えて、この順番でこの仕事を教えて、
この順番でスタイリストになってからの話をしてください、この順番で独立してからの話をしてください
ってもうスタッフが全部やってくれるんですよ。

このようにDearsでは全てマニュアル、システム化してあります。

お客様とスタッフに未来を提示する(8:21)

お客様とスタッフにトップとしての未来を提示していることが大事です。

これはもう全てのことに対してプラスに働きます。
うちのお客様で、特に僕が一人でやってきた時のお客様って
「Dearsが大きくなるのがわかるから応援していて楽しい」って言って下さるんですよ。

あと僕がこうやってしゃべっている動画とか、僕のブログを見てスタッフにお客さんがついてきてくれるんですよね。
この経営者が教育したスタッフってどんな人なんだろうとか、この経営者が管理している店舗ってどんな店舗なんだろうって。
それを見に来てくれます。

じゃあ実際どれぐらい遠くから来てくれるんだろうっていうと、海外からも来てくれるんですよね、とある社長さんがお客様として。
「いえいえ」って感じなんですけど、ホントに来てくださったりだとか、県外からもガンガン来てくれますね。

なので(応援してもらえる関係ができると)遠くても関係無いなっていうのが僕の中での認識です。

余白をあえてつくる(9:20)

一見無駄に見える時間、時間や余白の息抜き部分をあえて作っています。

結構サロンで立っているのってめっちゃ大変なんですよね。
特にお客様の見えるところにずっと立ってるスタッフとかって、
時間とともに仕事してなくても立ってるだけでも消耗されてくんですよね。

だからこそ無駄に見える時間、隠れられる時間や余白っていうのをめちゃめちゃ大事にしています。

スタッフの一日の糸をですね、張ってる時間で接客してもらって、たるんでる時間で裏にいてもらうような感じですね。
張ってる時間っていうのは一日に3名やる時間だけ、後はもうたるみっぱなしにさせるようなイメージです。

だから僕が現場にいない方が、全然スタッフはやりやすいかなーって思っています。
しかも上下関係、店長がいないので、管理する人がいないんですよ。
じゃあスタッフをどこで管理するかっていったらリピート率で管理するんですよね。

スタッフが提供するものがブレてきたりとかすると必ずそこに失客っていう言葉が生まれてくるじゃないですか。
その瞬間にしっかり見ることですね。
だからデータとか超アナログで毎月僕が管理しています。

関連記事

  1. フランチャイズ

    オープンから12ヶ月赤字運営の潰れそうな美容室がたった3ヶ月でV字回復に成功!

    経営代行をさせてもらっている美容室。結果がでてよかったです…

  2. 過去の講演の様子(アーカイブ)

    目の前の人を行動で感動させよう(奈良北高校講演)

    僕の人生で一番悩んでいた時が高校時代でした。それもあり、僕の経…

  3. 美容室経営

    Dearsが会社として大切にしていること

    僕がDearsを経営する中で、会社として スタッフに思いを繋…

  4. ブログ

    マルチバースでお話をさせていただきました!聞いてくださった方ありがとうございました!

    昨日はマルチバースでセミナーをさせていただきました。集客論…

  5. ブログ

    Dears立ち上げてからの2年間をお話しさせていただきました

    先日は新大阪で脱職人経営の鈴木さん率いる美容室経営者さんの勉強…

友だち追加数


LINE@限定記事・セミナー告知・サロン見学のお知らせ等はLINEから配信いたします。 セミナーや講演のご依頼、社内セミナー等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

公式YouTubeチャンネル



公式Podcast「北原ラジオ」

STORYS.JPに自分史を投稿しています







  1. ブログ

    ディアーズを盛り上げてくれるまで成長しました
  2. ブログ

    父と母をお店に招待して、カットをさせて頂きました
  3. ブログ

    ちょっと早いバレンタイン頂きました(^O^)
  4. 美容室経営

    北原が考える、サロンを繁栄させる8つの秘訣
  5. フランチャイズ

    Dears の フランチャイズ&フリーランスの説明会を検討しています
PAGE TOP