ディアーズ・フランチャイズオーナーたちの非日常的な日常

DearsFCオーナー高山さんが考えるDearsFCの「みんなが幸せになれる」ビジネスモデルやFCの魅力

インタビュアー上村です。

Dearsの経営についてインタビューすること、はや3回目。

(自身もDearsの髪質改善に通うようになり、すっかり経営もサービスも大ファンに)

前回インタビューでDears代表北原さんが「最年少FCオーナーで26歳の方がいますよ」とおっしゃっていたのですが、

何と今回はその26歳、最年少FCオーナーの高山さんにインタビューをしてきました!!

「26歳…私は何をしていたのだろうか…」と考えながら、高山さんのことを人生の先輩のように見つめてしまいました(遠い目)。

高山さんが北原さんに出会ったのは23歳。

FCオーナーとして23歳から26歳の3年間で4店舗も展開されているだけあり、経営者としてのビジョンやあり方が確立されていて、インタビュー中は「どうしてこんなにも達観して物事が見れるのだろう」と終始不思議でなりませんでした。

熱い経営者!というよりは、着実に堅実にビジネスを成長させるタイプの高山さん。

ぜひ、高山さんの素直さや、達観して物事を見られる素敵な人柄がこのインタビューを通して皆様に伝われば幸いです。

 

高山さんの経営者人生は中学生からすでに始まっていた。

上村
上村
高山さんは最年少DearsFCオーナーでいらっしゃって現在4店舗されているんですよね。
高山
高山
そうです。

群馬2店舗、荻窪1店舗、那覇1店舗。
今、那覇が2店舗目を準備中です。

上村
上村
26歳にして5店舗出店予定・・!スピードが物凄いですね・・!!

高山さんは美容師の専門学校を出られた後、美容師さんとして就職されたんですか?

高山
高山
僕は中学校卒業してすぐ専門学校に入ったんです。

高校に行ってないんですよね。

18歳から美容室で働き始めて、4年続けて23歳で独立しました。

上村
上村
早いですね!!

中学生のときには、美容師になろうと思ってたんですか?

高山
高山
そうですね。

というよりもともと、独立思考があって。

その中の選択肢の一つとして、美容師があっただけで。

特にそこはこだわりがなかったんですけど笑

上村
上村
そんなに若いのに、そこまで考えますか。

中学生の頃に「独立したい」って考える時点でもう経営者気質!

高山
高山
そうなんです。

そこから23歳で独立したんですが、半年で自分でやっていたのを辞めて、DearsのFCに加入しました。

上村
上村
中学生から独立を夢見ていたのに半年で辞められたのはどうしてですか?
高山
高山
僕も当時髪質改善を軸とする美容室をさせていただいていたんです。

でも、北原さんの完成されたビジネスモデルを聞いて、自分で一からやるより、加入させていただいたほうがスピード感もありますし、間違いがないと思ったんです。

高山さんのDearsFC加入前と加入後の変化

上村
上村
ご自身でやられていた時はどんな感じだったんですか?

バタバタした日々だったんじゃないでしょうか。

高山
高山
そうですね。

自分でいろいろやっていたので、バタバタしてましたね。

ホームページ作ったり、広告出したり。

上村
上村
オーナーさんとなると集客の面が大変ですよね。
高山
高山
広告を出したり、チラシをまいたり。

それで月10人とかの集客です。

ゆるくやっていけるけど、成長は遅いです。

自分自身でも「遅いな…」とは感じてましたね。

上村
上村
今はどうですか?

加入後ここが変わった!というところで。

高山
高山
Dearsに入ってからは、そういった集客や求人は全て代行していただけるので本当に楽ですね。

他のフランチャイズだと、集客は自分でとか、集客をやってくれたとしても、成功や運営に必要な北原さんの思考や視座を落とし込んでもらえるところまではやってくれないですよね。

上村
上村
高山さんの1日のスケジュールはどういう流れですか?
高山
高山
現場に立つ日は予約の時間に出勤して、お客さんが終わったら、スタッフからの日報が上がってくるので、それをチェックします。

あとは、お客さんのLINEですね。

各店のスタッフそれぞれがお客さんとやりとりをしているので、そのチェックをするのが仕事です。

上村
上村
なるほど、それだけ聞いても、加入前と加入後、業務内容ややらなければいけないことがかなり減っているのがすごくよくわかります。

高山さんが思う、高山さん自身の向き、不向き

上村
上村
高山さんほどの独立思考がある方が、独立後半年でDearsに加入されたのはどうしてなんですか?
高山
高山
自分でやる必要がないなと思ったんです。

むしろ、自分でやりたくなくなりました笑

上村
上村
やる必要がない??
高山
高山
自分でやるより、北原さんと一緒にやらせていただいたほうが、僕の心のあり方もそうですし、僕にない視点からのお話を伺えるので、成功の確度や精度もずっと高くなります。

あとはもともと、独立はしたかったんですけど、向いてないと思っていたんです。

上村
上村
どういうところが向いてないと思ったんですか?
高山
高山
自分で旗を振ったり、こっち来いよ、みたいなタイプじゃないことに気づいたんです。。

最初、一人のときは関係なかったので良かったんですけど、加盟した後にスタッフが入ってきたり、他の運営さんとか経営者の方を見たりしていても、自分はそういう役割は向いていないなと改めて思っていたんですよね。

そこには適性があるというか。

Dearsだときちんとしたビジネスモデルがあって、自分で考えるというよりは、やり方に沿う形なので自分にはこちらの方が向いているなって。

上村
上村
なるほど。そういう考え方もありますね。

達観していながら、自身を客観視できていらっしゃるところが素晴らしいです。

高山さんの店舗出店のための5店舗の資金の詳細

上村
上村
高山さんだからこそ言える話って何かありますか?お金のこととか聞きたいですっ!

売り上げとか言える範囲で・・

高山
高山
全部大丈夫です笑

現在の売上という意味でしたら、まだ席が埋まってないので余力がある状態ですが約690万です。

だいたい席数埋まるまでは1席あたり70〜80万で、埋まってからは80〜100万のイメージです。

なので、3席なら210〜300万。

5席なら350〜500万。

8席なら560〜800万。

が売上の目安です。

初期費用も規模によります。

新規出店でも800〜2000万くらいの振れ幅があります。

ざっくりですが

最初の1店舗目が800万

2店舗目が1500万

3店舗目が1300万

4店舗目は居抜きなので300万

5店舗目は今計画中ですが1700〜2000万くらいになりそうです。

上村
上村
下世話で申し訳ないですけど、月に690万の売り上げもってたら通帳見るの楽しいですね。規模が違う。
高山
高山
僕あんまり通帳とか見ないのでわからないです笑

ただ4年で売り上げが23倍とかになってるので、そこは本当にDearsに入ってよかったなあと思っています。

高山さんの目標はどこにあるのか

上村
上村
高山さんの目標は何ですか?

DearsのFCオーナーとしての目標と高山さん自身の目標が知りたいです。

高山
高山
今の目標は、9店舗まで考えています。

9店舗だと大体42席くらいになると思うんですけど、1席低めで80万にすると、3500万くらいになるんですよね。

最初、展開しているうちは利益をそっちに回して展開していくので手残りはそんなにありません。

それが落ち着いてアッパーに達すると、15〜20パーセントはいくんですよね。

そうすると、月の上がりが500〜700くらいになってくるので、そこまでがんばりたいと思っています。

上村
上村
高山さんのお若いながらもすごく現実主義なところとか、数字をしっかり見ているのがすごくよくわかるので、すぐ達成してしまいそうです。
高山
高山
そうですね。今のペースでいけば!
上村
上村
じゃあ、高山さん自身の目標を教えてください。
高山
高山
何かあったときにお金がないと、何もできなくなっちゃうので。

例えば、誰かが病気になっちゃったとか、誰かがお金を必要としているとかにすぐに出せるようになりたいですね。

これから自分に家族ができたりとか、大切な自分の周りの人をしっかり助けてあげれるような余裕を持ちたいです。

高山さんが惚れ込むDearsのビジネスモデル

上村
上村
聞いていると、高山さんは本当にDearsのビジネスモデルに惚れ込んでいらっしゃるような感じがあります。
高山
高山
そうですね。

僕は完成されているこのビジネスモデルを「投資」として扱うのがいいと思っていて。

基本、投資って長期で保有するものがそうだと思うんですけど、一度、お金を払ったら様子を見るだけで基本的には放置じゃないですか。

Dearsのモデルも、FCオーナーとしてはリソースを投下した後に3ヶ月ほどしたら軌道に乗ると思うんですけど。

その後は、手放しができる状態になります。

そういうものに魅力を感じる人とか、経営者、投資家という立ち位置になりたい人は、なるまでのフェーズを飛ばすことができますので、すごくおすすめです。

上村
上村
確かに。DearsのFCってすごくいい投資ですね。固い。
高山
高山
すごいモデルだと思います。

あとは、誰も損をしないというか、僕だけではなくみんなが幸せになれるモデルだと思っています。

一人の方と向き合って接客させていただける環境なので、スタッフとしてもいい環境ですし、本当にみんなが幸せです。

お客様も悩みが深い方がいらっしゃるので、それを解消してあげられると、すごい喜んでいただけます。

上村
上村
なるほど、確かにそうですね。私自身もDearsに通っていますが、みんなが幸せって仰る意味がわかるサロンです。

これからの高山さんの活躍に期待です。

 

まとめ

このインタビュー後、高山さんは「大丈夫でしたか??」と気にされていましたが、お話をさせていただいていて、気づかされることが多々ありました。

「自分には向いていないことがわかった」

「自分でやらなくても別にそれはそれでいい」

「Dearsのビジネスモデルの方が優れているから」

と、すぐに方向転換をされる高山さんの「自身を客観視できる性格」は本当に才能だとしか言いようがありません。

経営者でありつつ、投資家のような視点もお持ちなので、一言で言えば「成功して当たり前」とも言えるような方です。

時折、ご家族のお話もインタビューには載せていない部分にあったのですが、「大切なひとをいざとなったら守りたい」という気持ちにとても感動しました。

高山さんが目標のDearsFCとして9店舗を出された時はまたぜひお話を聞かせてもらえれば嬉しいですね。

 
ディアーズのフランチャイズ加盟店、募集しています

一時新規募集をストップしていたディアーズのフランチャイズ加盟店の募集を再開いたしました。

完全自動化モデルで全店黒字。加盟店さんは1〜2年の間隔で新店舗を出店し、不労所得を増やしています。

定員に達したら募集終了となります。ご検討中の方は、下記よりお早めにお問い合わせください。

ディアーズのフランチャイズ
お問い合わせ・詳細はこちら

あわせて読みたい記事