じぶんプロダクトのつくりかた

市場と接点をもち続け、頼られることを事業にする

市場と接点をもち、頼ってもらう。
僕はずっとこれを続けています。今もやっています。

これ、自然とオーディエンスファーストのカタチがとれるケースが多いんです。

・何から始めれば良いかわからない
・どうやって事業を構築したら良いかわからない
・なにをつくれば良いかわからない

という人は、市場に赴き、頼られることを増やしてみてください。
事業の種を見つける際に必ず役立ちます。

頼られる=実績を認めてもらっている

頼られるということは、認められているということです。
つまり、課金の仕方を考えれば、事業へ発展する可能性がとても高い状態です。

  • 分からないから教えてほしい
  • 面倒だから代わりにやってほしい

頼られて当てにされる事でしたら何でもいいんです。

どんな頼られ方でも、そこには需要があります。
これは事業の大きなヒントになります。

頼られる(頼まれる)事は、突き詰めていけばいくらでも事業になりますからね。
コンサルでも顧問でも代行でも、なんでもいくらでも成り立ちます。

誰よりもうまく出来る必要はない

頼られそれをマネタイズする時。

誰よりもうまく出来る必要はありません。
頼ってくれた人より少しうまくできれば良いんです。

そこで「私なんかじゃ、、、」と思考や行動を止めない。
相手よりできると思ったら、受ける選択を取る。

お金を個人でもらって仕事をする事に慣れてない人によくある傾向です。
折角のチャンスなんですが、断ってしまうんですよね。

困ってて助けてもらいたくて、声をかけてくれたんです。
そこで「私なんかじゃ」という思考にならず、「できるかどうかわかりませんが全力でやってみますがどうですか?」と受けてしまう。

受けることから全てが始まります。

あとは相手もあなたも、精神的に負担にならない課金タイプや契約だけです。

出会った人を助けるサポート商品を増やし続ける

僕が展開している事業は全て、目の前で困っている人に向けてつくっています。
困っている人が僕のもとに相談しにきてくれて、そこから事業が生まれています。

オーディエンスファーストですね。

困っている人をサポートできる商品を増やしていく事で、出会った人を助ける事もでき、求められ感謝される事業を連続してつくることが可能になります。
出会う人を助けることを事業にしていくのも、ひとつの在り方として良いのではないかと思っています。

事業づくりに悩んでいたり、うまくいくか不安だったり、事業は不確かの連続ですよね。
でも、オーディエンスファーストモデルをうまく使いこなせば、ほぼ負けることはありません。

今日の話は事業づくりの極意なので、ぜひ身につけてください。

 

Twitterに、このコラムの感想やコメントをご投稿ください
北原のアカウントから直接のリプを送らせていただきます!

下のボタンをタップして
↓感想・コメントをツイートする↓

北原の精神と時の部屋

原理原則でビジネスを設計・運営する力を手に入れる北原主催のビジネス勉強グループ(有料)です。

基本的なやりとりは専用のLINEグループ内で行われ、クローズド情報を密に共有し、壁打ちしながら、ビジネス戦闘力を高めていきます。

参加すると不定期で行われる勉強会/交流会に出席でき、事業発表や事業相談ができるほか、専用のオンライン資料室にて様々な勉強資料を自由に閲覧できます。

業種を問わず幅広い方がご参加いただけます。

1年で5年分の学びと視座を。あなたのご参加、お待ちしています。

\参加者1100名突破しました!/
北原の精神と時の部屋
詳細・参加申込はこちら

<参加メンバーの感想をみる>

読むだけで美容室の売上が10倍になる!メルマガ

読むだけであなたの美容室の売上がメキメキ上がるノウハウを、
無料のメルマガでお届けしていいます ^^

興味のある方はお気軽にご登録ください。

メルマガの詳細はこちら

定期勉強会の発表資料を
Twitterにて無料配布しています!

半年に一回、仲間内でやってるガチの勉強会でつかった資料を、Twitter上で配布しています。
資料の受け取り方法は下記の通りです。

ご希望の方は、まず下のボタンから僕のTwitterアカウントをフォローしてください。(すでにフォロー済みの方は、この作業は不要です)

北原のTwitter ↓↓フォローボタンはこちら↓↓

次に、下記より興味のある資料のつぶやきをリツイートしたのち、僕に直接DMください。
DM経由で資料をお渡しします ^^

あわせて読みたい記事