北原の出会いと感謝の経営術

事業の問題はテリトリーで解決する

事業を推進していくと必ず問題に直面します。
その時、無闇に首を突っ込むと、解決どころか反って事態を悪化させかねません。

事業における問題解決には明確にルールがあります。

今日は問題が起きた時に守らなければいけないポイントを、事例を用いながら解説します。

事業の3要素

事業は「プロダクト」「マーケティング」「経営」大きく分類するとこの3つの要素で成り立っています。
世の中のすべてのビジネスは例外なくこの3つを中心に構成されています。

この3つが何を意味するのか知らないと本題の問題解決にあたれないので、それぞれ簡単に説明します。

プロダクトとは

「人々の悩みを解決する商品」のことです。
これには、商品だけでなくサービスも含まれ、さらには購入後のアフターサポートも含まれます。
お客様が商品を通して得られる体験全般が「プロダクト」になります。

マーケティングとは

「人々に商品を買ってもらう仕組み」のことです。
広告、ブランディング、販売プラットフォームの整備などがマーケティングにあたります

経営とは

「人々に商品を届ける組織を運営する」ことです。
人事や報酬体系作り、スタッフ教育といった活動が経営にあたります。

簡単な話、プロダクトを作り、マーケティングで販売ルートを確立し、それを実行する組織を経営できれば、ビジネスは成り立ってしまいます。

ビジネスでつまづく原因の9割

ビジネスは簡単に成り立つなんて言うと、
「ちょっと北原さん、そうは言いますけど、実際は難しいんじゃないですか?」
と思う方もいるかもしれません。

たしかに、新規事業の90%は失敗に終わりますし、生き残った10%もたいてい伸び悩みます。

簡単に成り立つということは簡単に崩れるということでもあるんです。
3つの要素で成り立つということは、逆説的に言えば3つのうちどれかひとつでも欠けたら(=エラーが起きたら)成り立たない。ということですから。

それでも、正しい問題への取り組み方を知っていれば多くの問題は解決可能です。

なぜなら、ビジネスでつまづく原因の9割は問題そのものではなく、問題の対処方法にあるからです。

問題解決の絶対ルール

ビジネス上の問題は、問題の起こった箇所で解決する。
とても大事なことですので、ぜひ覚えておいていただきたいです。

事業は3つの要素で形成されていて、それぞれに役割があります。
この3つは互いに干渉することなく、連動しながらも独立した活動を行う必要があります。

例えば、プロダクトに問題が起こった時は、プロダクトの範疇で解決します。
決して、プロダクトの問題を、マーケティングや経営の領域でカバーしてはいけません。

同様に、マーケティングの問題はマーケティングで。経営の問題は経営で解決します。
これが絶対のルールです。

問題の間違った対処法

もしルールを破ると、ビジネスが構造的に歪み、場合によっては空中分解します。
にもかかわらず、現実には多くのプレイヤーがこの間違いを犯しています。

例えば、あなたのビジネスが「プロダクト」に問題を抱えていたとします。
この時、「マーケが悪い」と言ってマーケティングに責任転嫁したらどうなるでしょう。

プロダクトの問題をマーケティングで解決すると、強引な売り込みに発展します。

プロダクト性能を水増して誇大広告を打つので、クレームが急増しカスタマーサポートがパンクします。
さらに誇大広告が行きすぎると、景品表示法違反など法律レベルで問題が起こり、社会的にビジネスが継続できなくなることすらあります。

もう一つ例を出しましょう。

例えば、「マーケティング」の問題を「経営」で解決するとどうなるでしょうか。

マーケティングが販売インフラを整えることなく、組織の力だけで商品を売るのです。

これをやると、組織がブラック企業化します。
売上を伸ばすために過度なノルマを設定したり根性論が蔓延したりします。

また、販売効率が悪いため、無駄な作業が増え長時間労働に繋がるケースも少なくありません。
マーケティングのしわ寄せがすべて現場スタッフにいってしまうのです。

テリトリーを認識し、問題の所在を明確にする

「プロダクト」「マーケティング」「経営」の活動領域を明確に区別し、問題が起こった時はその領域の中で解決しなければなりません。
もし現場で問題に遭遇したら衝動的に解決するのではなく、一呼吸おいてみましょう。

そして、「この問題は、プロダクト、マーケティング、経営のどの領域で起きているのだろうか」と冷静に考えてみてください。
このように問題の所在を正しく把握することが、建設的な問題解決の第一歩です。

要約すると、ビジネスは、「プロダクト」「マーケティング」「経営」の3つの要素を中心に構成されていて、
現場で問題に直面した時、各要素のテリトリー内で解決しなければならない、ということでした。

あなたも、今後ビジネスについて考える時は「これは3つのうちどの部分の話なのだろうか?」と考えてみてください。

この3軸でビジネスを俯瞰すると、今まで見えなかったものが見えてきます。
その視点は極めてシンプルかつ本質的で、あなたのビジネススキルを飛躍的に高めるはずです。

 

Twitterに、このコラムの感想やコメントをご投稿ください
北原のアカウントから直接のリプを送らせていただきます!

下のボタンをタップして
↓感想・コメントをツイートする↓

北原の精神と時の部屋

原理原則でビジネスを設計・運営する力を手に入れる北原主催のビジネス勉強グループ(有料)です。

基本的なやりとりは専用のLINEグループ内で行われ、クローズド情報を密に共有し、壁打ちしながら、ビジネス戦闘力を高めていきます。

参加すると不定期で行われる勉強会/交流会に出席でき、事業発表や事業相談ができるほか、専用のオンライン資料室にて様々な勉強資料を自由に閲覧できます。

業種を問わず幅広い方がご参加いただけます。

1年で5年分の学びと視座を。あなたのご参加、お待ちしています。

\参加者1100名突破しました!/
北原の精神と時の部屋
詳細・参加申込はこちら

<参加メンバーの感想をみる>

読むだけで美容室の売上が10倍になる!メルマガ

読むだけであなたの美容室の売上がメキメキ上がるノウハウを、
無料のメルマガでお届けしていいます ^^

興味のある方はお気軽にご登録ください。

メルマガの詳細はこちら

定期勉強会の発表資料を
Twitterにて無料配布しています!

半年に一回、仲間内でやってるガチの勉強会でつかった資料を、Twitter上で配布しています。
資料の受け取り方法は下記の通りです。

ご希望の方は、まず下のボタンから僕のTwitterアカウントをフォローしてください。(すでにフォロー済みの方は、この作業は不要です)

北原のTwitter ↓↓フォローボタンはこちら↓↓

次に、下記より興味のある資料のつぶやきをリツイートしたのち、僕に直接DMください。
DM経由で資料をお渡しします ^^

あわせて読みたい記事