北原の出会いと感謝の経営術

他人に自分の行末を委ねない

有り難いことに以前と比べて少しづつですが、多くの方に認知してもらえるようになってきました。

いただくご相談の数も増えるのですが、その中には
「どう思いますか?」
「どうしたら良いですか?」
という、正解を求める質問も少なくありません。

こういった質問をいただくと僕はいつも
「どうしたいんですか?」
「何を目指してるんですか?」
と返します。

相手が求めているもの次第で答えが変わってしまうからです。

正解は目的によって変わる

正解は人の数だけあると思っています。
正解というのは、価値観と言い換えることもできるでしょう。

多様なカタチがあって良いものです。

ここで言う正解とは、目的でもあり、目的に達するための過程の歩み方でもある。

人生に求めるもの(=目的)から事業を考えるようにしている僕としては、
美容室を全国展開するのも、ひとりサロンで穏やかにお客様と年を重ねるのも、どちらも素敵だと素直に思います。

それによって選ぶべき選択は絞られてきますから、
「どうしたいんですか?何を目指しているんですか?」
と問うのです。

他人に自分の行末を委ねない

背中はいくらでも押します。
姿勢も見せることができます。
壁打ちの相手にもなれます。

けれど、あなたの人生までは決められません。

漠然とした不安をぶつけられても正直困りますからね。
家族恋人友人に話してくださいと。

他人に自分の行末を委ねてはいけないと思うんです。

だから、何でも良いからひとつ軸をもって、それに対しての正解を模索するべきです。
〜なりたい。でも、〜なりたくない。でもどちらでも良いです。

そこが判れば具体的な道が開けるでしょう。

辿り着きたい未来から逆算すれば自ずと導かれる

美容室で例えましょう。
「バックヤードは広く取ったほうが良いですか?(=どうしたら良いですか?)」

答えはどちらにも振れます。
カットスペースを広くし生産性を高めるなら、バックヤードは狭くするし、
従業員の環境を優先し管理コストを下げるなら、バックヤードは広くする。

どちらも正しい。
でも目的がないと決められないんですよね。
目的があれば秒で判断できます。

「独立した方が良いですか?(=どう思いますか?)」
これも一緒。

どうしたいのか?何を目指してるのか?が決まれば自ずと決まります。

この手の質問は他人に行末を委ねていることになるので、行く先は自分で決めて、その上で相談するのが良いでしょう。

「〜という目的があります、そのためにはどうするべきでしょうか」と。
「〜したいです。そのためにXXXと考えています。今のやり方はいかがでしょうか」と。

店舗で言えば僕は1店舗の売上を最大化するよりも、人の問題から解放されるスタイルが好きです。
人の問題が起き続ける店舗だと、事業そのものが「嫌」になる事もあるんですよね。

やりたくてやってきたことが、ストレスになり嫌で撤退する。
全然ありえることです。

自分がどのような人生を描くためにどのような選択をするべきか?という視点で話せると良いですね。

あなたが主催する講演・セミナーに
北原が無料でゲスト登壇します!

講演やセミナーのゲスト登壇依頼も承っています。
講演料や謝礼は無料、宿泊費も交通費もいりません。お声がけいただければ全国どこへでもはせ参じます ^^

講演・セミナー・イベント
登壇依頼の詳細はこちら

ニュースレターのご購読

講演やセミナーの告知、LINE限定コンテンツを、北原のLINE公式アカウントから配信しております!

セミナーや講演のご依頼、社内セミナー等のご相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。

北原のLINE公式アカウント
いますぐ友だち追加する

北原の精神と時の部屋

原理原則でビジネスを設計・運営する力を手に入れる北原主催のビジネス勉強グループ(有料)です。

基本的なやりとりは専用のLINEグループ内で行われ、クローズド情報を密に共有し、壁打ちしながら、ビジネス戦闘力を高めていきます。

参加すると不定期で行われる勉強会/交流会に出席でき、事業発表や事業相談ができるほか、専用のオンライン資料室にて様々な勉強資料を自由に閲覧できます。

業種を問わず幅広い方がご参加いただけます。

1年で5年分の学びと視座を。あなたのご参加、お待ちしています。

\参加者1100名突破しました!/
北原の精神と時の部屋
詳細・参加申込はこちら

<参加メンバーの感想をみる>

あわせて読みたい記事